Cat A, Cat B, ...

RPAによって訪れる近い未来

RPAによって訪れる近い未来

近い人間の補完として業務を遂行する未来労働者のRPA

RPAは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた業務を代行するツールになりつつあります。

人間の補完として業務を遂行することから、仮想知的労働者(Digital Labor)として、
2025年までに事務的業務の1/3の仕事がRPAに置き換わるインパクトがあるともいわれています。

RPAの導入と運用は、働き方改革につながる「業務改善・改革」の目標や方向性を明確にし、
自社に合うツール選択と、働く仲間に配慮して進めることが重要といえるでしょう。

誰も止めることができない自動化に伴う変化を見極め、現場部門とシステム関連部門が連携し、
運用局面ごとのルール(シナリオ)策定や、適用可能な事業領域の拡大を検討するなど、
継続的にPDCAサイクルを回しながらRPAを活用していく姿勢が望まれるのではないでしょうか。