パソコン作業こそ、残業を大幅に減らせる源泉です。

~自社のパソコン作業による【残業を減らす】には外注すること~

残業を減らしたくても、お客様や取引先等の都合や、社内でもできる人が限られていたりなど、なかなか思うようにいかないのが現実なのではないでしょうか?

残業削減のために外注しようとすると、ノウハウの流出や時間や費用もかかるのですぐにはできないかもしれません。


そこで活躍するのが、働き方改革業務改善の切り札
『ジョブスター』です。


直感操作RPAのジョブスターは、誰でもできるパソコン作業を自動化させ、月額5万円で労働生産性を向上し、リアルに残業を減らします。業務を改革したい!標準化させたい!という方にピッタリなソフトウェアです。

パソコン作業こそ、残業を大幅に減らせる源泉です。
プログラミングが不要のRPAで直感操作

プログラミングが不要のRPAで直感操作

プログラミングが不要だから直感操作でシナリオ作成が可能です。


つまり、システム担当者よりも『実務作業をしている業務担当者
の方がシナリオ作成に向いているジョブスターのRPA


パソコン業務の作業手順を書き出すことで、シナリオ作成のほぼ
7割の作業が完成したも同じです!


パソコン業務を見える化し、誰もが助け合っていた日本を復活させる業務改革の維新が巻き起こると残業削減されます。

月額5万円で始められるRPA

他社RPAのライセンス形態は、

シナリオを作成できるライセンス」「シナリオを実行するライセンス」と分かれており
料金もそれぞれ別々に必要です。

高機能でプログラミングができることが前提になっているRPAソフトウェアであれば、ライセンス代金の他に
シナリオを作成することも外注しなければ実現しない階段式になっています。

中小企業のミカタのジョブスターは、直感操作残業削減を成功させる
【高くて難しい】の常識を覆す【安くて簡単】を実現させたRPAです。

RPAによって訪れる近い未来

RPAは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた業務を代行するツールになりつつあります。

人間の補完として業務を遂行することから、仮想知的労働者(Digital Labor)として、
2025年までに事務的業務の1/3の仕事がRPAに置き換わるインパクトがあるともいわれています。


RPAの導入と運用は、働き方改革につながる「業務改善・改革」の目標や「残業削減!」等の方向性を明確にし、
自社に合うツール選択と、働く仲間に配慮して進めることが重要といえるでしょう。


誰も止めることができない自動化に伴う変化を見極め、現場部門とシステム関連部門が連携し、
運用局面ごとのルール(シナリオ)策定や、適用可能な事業領域の拡大を検討するなど、
継続的にPDCAサイクルを回しながらRPAを活用していく姿勢が望まれるのではないでしょうか。

RPAができる人間の業務
【人間にしかできない業務は20%・・・】
RPAに置き換わる仕事
【人間にしかできない仕事は30%・・・】
2018年度のRPA市場
【矢野経済研究所が調査 前年度比】
0
0
0%増の418億円

単純作業からの解放

単純作業はRPAのジョブスターへ。ヒトは準備や監督する仕事をして残業削減


パソコン操作が苦手な人こそ、ワンクリックの直感操作でプロ級作業ができるRPAを活用!


RPAは指示した作業を「速く」「正確に」「休まず」「文句を言わない」アシスタント


24時間働いても残業代金が不要の仮想知的労働者(Digital Labor:デジタルレイバー)は自分の右腕!